予約してからの結婚式場との関わり方

予約してからの結婚式場との関わり方

人気の結婚式場は約1年~1年半前に検討をして予約をするカップルも多い時代です。
予約をしてからその後結婚式場とはいつどのように関わっていくのか、ダンドリが不明瞭な方も多いと思います。
こちらでは式場が無事に決まった後の結婚式場との関わり方をお伝えします。
式場によって打ち合わせが始まる時期は異なるため参考にしていただきたいと思います。
まずは結婚式の約半年前に衣装の打ち合わせがあります。
衣装の担当者と式当日の内容を決めていく担当者は別の方のケースも多いため、こちらでは衣装の担当者と関わっていきます。
結婚式場によっては日取りが決まったらすぐに衣装の試着ができることもあるため、式場を決めたときに衣装の打ち合わせ日について確認をしておくとスムーズです。
次に結婚式の約4か月ほど前から式場の担当者との打ち合わせが始まります。
そのため式場を1年以上前に決めた方の場合、しばらくは式場の方と連絡を取らない期間があります。
打ち合わせの時期が近付くと、式場の担当者からお二人に初回打ち合わせ日のご相談がメールやお電話等でご連絡が入ります。
初回打ち合わせ後は約5~6回前後打ち合わせがある方が多いです。
お二人で行けない場合にはお一人で打ち合わせも可能です。
大切な当日が素敵な日になるように、気になるポイントやご希望の演出等、打ち合わせでしっかりと担当者と相談をしていきましょう。

結婚式場の打ち合わせを行う際に決めておくこととは?

新郎新婦にとって結婚式というのは一生に一度のことですから、後悔がないように思い出に残る結婚式にしたいものです。
思い出に残る結婚式にするために大切なことは、信頼できる結婚式場を選ぶことと、プランナーと共に何度も打ち合わせを行うことです。
結婚式場での打ち合わせの際に決めておくことはとてもたくさんあります。
たとえばどのくらいの規模で予算はどの程度かといったことから、料理のメニュー・引き出物の種類・花束贈呈の花・衣装・レセプション・サプライズ計画などです。
結婚式場に行ってから新郎新婦が話し合うのではなく、式場の話し合いの前にそれぞれの希望やプランをあらかじめ考えて置き、その希望やプランをメモをしておくならスムーズに話し合いが行われます。
あまりにもお互いの意見が食い違っていたり、全くのノープランで行き、現場で一からスタートするとなるとかなりの時間が奪われます。
それで二人で色々決めておくことは大切といえます。

結婚式場に関する情報サイト
素晴らしい結婚式場とは?

当サイトは素晴らしい結婚式場とはというテーマで、挙式の満足度アップにつながる基本情報を一挙公開しています。これから結婚式をするための会場を予約しようと考えているときには、ぜひチェックしてみてください。式場における演出で使えるアイテムに関しても解説しているサイトです。自分たちの希望に合ったウェディングのために、役立つ可能性があります。さらに予約してからの、式場との関わり方に付いてもご紹介しています。

Search